【口コミ】映画『トイストーリー4』は想像を超えた結末だった【ネタバレ感想】

【口コミ】映画『トイストーリー4』は想像を超えた結末だった【ネタバレ感想】アイキャッチDISNEY

こんにちは!ゆかべるです。

2019年7月12日に公開された映画

トイ・ストーリー4

前作の『トイストーリー3』が完璧なエンディングで終了し、誰もが物語の完結を想像していたトイストーリーシリーズの最新作が、満を持して登場したとあって公開日から映画館は即 満席でした。

そんな中、公開日の翌日に行ってきました 映画館。

というわけで今回は、実際に映画を見て思う感想(レビュー)や、登場キャラクターなどについて、いち早く皆さんにお届けします。

この記事はこんな方にオススメ!

● トイストーリーをあまり知らないけどトイストーリー4が気になっている
● 映画館へトイストーリー4を見に行くべきか検討している
● ストーリー4の率直な感想を知りたい

べるる
べるる

一部ネタバレがあります。

ネタバレ不可な方は、先に映画を見てからご覧いただくことをおすすめします。



『トイストーリー4』のキャラクター

おなじみのメインキャラクターと、トイストーリー4に欠かすことのできない新キャラを紹介します。

ウッディ(Woody)

ウッディ_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

かつての持ち主・アンディーの一番のお気に入りで、仲間想いの保安官のカウボーイ人形。
ウッディは持ち主の子供の幸せを一番に願っている心優しいリーダー。

いつも持ち主に遊んでもらうおもちゃの中心にいたウッディですが、最近ボニーが遊んでくれないというシーンから物語が始まります。

バズ・ライトイヤー(Buzz Lightyear)

バズ・ライトイヤー_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

いわずと知れたウッディの相棒。発売時は子どもたちに大人気だった最新型アクションフィギュア。真面目な性格の中にも天然で愛らしい一面がある。

ウッディがフォーキーを探しに行ってしまい、バズが仲間をまとめなければいけないシーンでは、ヒーローらしさを見せつつも天然っぷりを発揮して観客を笑わせていました。

ボー・ピープ(Bo Peep)

ボー・ピープ_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

元々アンディの妹のおもちゃで、ウッディたちの仲間。前作の『トイストーリー3』では一切姿を表しませんでした。

なぜ姿を消したのか?その謎は本作の冒頭で明らかにされ、物語の展開に重要な役割を果たします。

フォーキー(Forky)

フォーキー_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

トイストーリー3でウッディ達の新しい持ち主となった女の子 ボビーが、ゴミから作ったおもちゃ。

行きたくない幼稚園で過ごすボビーの不安な気持ちを支えてくれる大事なおもちゃですが、フォーキーは自分のことを『ゴミ』だと思っていて、すぐゴミ箱に入りたがります。

ダッキー&バニー(Ducky・Bunny)

ダッキー&バニー_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

移動遊園地の射的の景品のぬいぐるみで、長年子供に持って帰ってもらうことを待っていたふわふわの可愛らしい見た目の毒舌コンビ。

囚われたフォーキーを助け出すために二人が考え出す作戦がとてもおもしろく、会場は爆笑でした。

ギャビー・ギャビー(Gabby Gabby)

ギャビー・ギャビー_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

アンティーク店で長年 子供と遊ぶことを夢見ているアンティーク人形。

ウッディと同様に背中の紐を引っ張って喋るおもちゃだが、製造時からボイスボックスが壊れていておしゃべりができず、そのせいで子供と遊べないと思っています。

デューク・カブーン(Duke Caboom)

デューク・カブーン_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

カナダのスタントマンの人形のおもちゃ。
CMでは高く飛ぶことができるという演出で売られていたが、それを信じた前の持ち主の子供が「実際と違う」と飽きてしまったことがトラウマとなり、自分に自信がなくなってしまいました。

英語版の声優は、なんと あの キアヌ・リーブス

ギグル・マクディンプルズ(Giggle McDimples)

ギグル・マクディンプルズ_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

ポーリーポケットシリーズのプラスティック人形でボーの親友。
小さい身体ながらも、ハキハキとした物言いが爽快な婦人警官です。




『トイストーリー4』のストーリー(感想)

※ここからはネタバレとともに、私の個人的な見解が含まれています。
違った見解を持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、本作の一つの感想としてお読みいただけると幸いです。

ウッディとフォーキーが仲良くなるシーン_トイストーリー4予告編より

©2019 DISNEY/PIXAR. 予告編より画像引用

「自分は何者か?」アイデンティティを問う物語

フォーキーはボニーの家にやって来るやいなや、何度も『ゴミ(Trush)』という言葉を口にします。

フォーキーは使い捨ての先割れスプーンから出来ているため、食べるために使われたら捨てられるのが自分の役割だと主張します。
しかし、自分をゴミであるというフォーキーに対してウッディは「君はボニーの大切なおもちゃだ」と、ただの使い捨てのスプーンではなく、おもちゃとしての存在意義があることをしきりに伝えます。

それでもフォーキーは納得できず、逃げ出してしまう。

それをウッディが追いかけ、昔話を語るシーンがあります。
このあたりから、何度も「ボニー」を「アンディ」と言い間違えるウッディ。

そう、実はそのウッディ自身にアイデンティティー・クライシスが起きていたんですよね。

アイデンティティー・クライシス

「自分は何なのか」「自分にはこの社会で生きていく能力があるのか」という疑問にぶつかり、心理的な危機状況に陥ること。

コトバンクより引用)

『自分の在り方』との葛藤のすえの決断


今までアンディの一番のおもちゃとして、そして おもちゃ仲間のリーダーとして常にその役割を担ってきたウッディ。

しかし、今回持ち主が一度もいたことのない ギャビー・ギャビー や、“迷子おもちゃ”になった ボー との再会を通じて、ウッディも『自分の在り方』について考えることになります。

本作ではトイ・ストーリー シリーズで度々取り上げられていた『おもちゃの在り方』について深く考えることになります。

「おもちゃは持ち主を大事に思い、尽くすべき

そのように考えるウッディに対して、迷子おもちゃになったボーは

「子供なんてこの世界にいくらでもいる。一人の持ち主にこだわる必要はない」と伝えます。

そして、フォーキーの救出劇などを経て、ラストシーンではウッディは自分の“内なる気持ち”に気づくんですね。



まとめ


本編を見終わった後だと余計に感慨深い…1年前の予告動画

ただ“感動する”だけじゃない。「自分とは何か」を考えさせられる作品

ラストには、これまで支え合ってきた大切な仲間との涙なしでは見られない感動のシーンが待っています。

ウッディたちは“おもちゃ”ですが、私たち“人間”にも重なる部分は多いと思います。

その一つは、「自分は〇〇(仕事や役割)だから、こうあるべきだ」という固定概念に捕らわれて、本来「やってみたい」と思っていたことを抑えてしまったり、挑戦することを諦めてしまったり・・・

そんなことって、ありませんか?

自分の“内なる心”に気付いたウッディは、きっと

「自分は自分であっていい」

そう思い、新たな自分の人生を 前向きに進んで行ってくれる と信じています。

余談

ポテトヘッドの声優を務めた、ドン・リックルズさんが2017年に亡くなりました。

エンディングロールには、大きく「ありがとう」の言葉が表示されており、個人的にはこれも泣き要素の一つでした(´;ω;`)

それと共に、もうポテトヘッドの声が聞けないとなると、アンディのおもちゃたちが今後も登場し続けることは困難 と製作側が判断したのかなぁと思うところもあります。

ファンとしてはシリーズが続いて欲しいと願ってしまうところですが。。

上映劇場とチケット(公式HPへジャンプ)

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも「役にたった!」「いいね!」と思っていただけたら、
下の \シェアする/ ボタンでシェアお願いします♪

べるる
べるる

このブログでは、実体験に基づいたディズニーパークのお役立ち情報や、日常のお悩みなどについての記事を更新します。
ぜひまた遊びにきてくださいね♪

ゆかべる
ゆかべる

質問や感想コメント、DMもお待ちしてます!

この記事を書いた人
ゆかべる

約10年彼氏なしから婚活を経て結婚1年目。結婚後もフルタイムで正社員として働くアラサー新妻。
プロポーズ、結婚式、新婚旅行など、すべてディズニーというディズニー好き。
フロリダのディズニーワールド(WDW)に、半月滞在した経験からWDW旅行記や、WDW旅行に役立つ情報・ディズニー関連の情報を発信中。
実家の愛犬は15歳のパピヨン♀

ゆかべるをフォローする♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました