超実写版ライオン・キングを見に行った感想とあらすじ【ネタバレあり】

超実写版ライオン・キングの感想とオリジナルとの比較_アイキャッチDISNEY

こんにちは!ゆかべるです。

超実写版 ライオン・キングが2019年8月9日に公開されました。

2019年7月後半にオープンしたばかりの東京・池袋 グランドシネマサンシャインの12階、日本最大級のスクリーンの大きさを誇るIMAXで、早速 見てきました!

この記事がおススメの方

● 「超実写版」とは一体どういうことなのか知りたい!
● オリジナルのアニメ版との違いを知りたい!
● 超実写版ライオン・キングを映画館で見るか悩んでいる

べるる
べるる

アニメ版(オリジナル)との違いに注目しながら解説するよ!

ゆかべる
ゆかべる

一部ネタバレがあります。まだ映画館に見に行っていない方はご注意ください。

スポンサーリンク

〝超〟実写版とは?

今回発表された作品は、「実写版」ならぬ「〝超〟実写版」。

気になる〝超〟がつく意味とは一体・・・?

「超実写版」の所以は、ジョン・ファヴロー監督がインタビューで回答しているコメントにヒントが隠れています。

Well, it’s difficult because it’s neither, really. It depends what standard you’re using. Because there’s no real animals and there’s no real cameras and there’s not even any performance that’s being captured that’s underlying data that’s real. Everything is coming through the hands of artists. But to say it’s animated I think is misleading as far as what the expectations might be.

(意訳)
うーん、(実写かアニメか)どちらでもないので難しいですね。何を基準とするかによります。なぜなら、本物の動物もないし、本物のカメラもないし、動きも本物のデータからは作っていないんです。すべてアーティストの手によって作られています。しかし、これがアニメだと言い切るには語弊がある思います。

/Filmより一部抜粋

動きも人間の手でつくっているの!?
実際に映画を見ても、本物の動きを参考にしてると思った!

ゆかべる
ゆかべる

インタビューの中で、“ピクサー映画と同じような制作方法”ということを説明していたよ!

実写のシーンは、たったこれだけ!?

ジョン・ファヴロー監督はこんな裏話も明かしています。

(意訳)
これが#TheLionKingの唯一の実写ショットです。アニメーターとCGアーティストが作成した1490のレンダリングショットに、私がアフリカで実際に撮った1枚の写真を忍ばせ、誰か気づくか確認しました。映画の最初のサークルオブライフが始まるショットです。

ゆかべる
ゆかべる

こ、これは!!オープニングのシーン!泣ける〜

べるる
べるる

実際に映画を見た後だとすぐ気づけるけど、どこが実写か知らなければ気づかないほど全体の映像クオリティは高かったです!
ちなみにゆかべるはオープニングの映像が美しすぎて泣いてたよ!

ゆかべる
ゆかべる

そんなこと言わんでいいっ!

\Amazonプライムならライオン・キングが聴き放題!/

超実写版『ライオン・キング』のキャラクターからみるアニメ版との違い

オリジナルのアニメ版ではキャラクターが見分けやすかったですが、実写版ではほぼ本物の動物として描かれているため、ぱっと見た感じでどのキャラクターなのか分かりづらい時がありました。
(とはいえ、ちゃんと映像を見ていれば分かるので安心してください。)

べるる
べるる

これから見に行くなら、下記の相関図でキャラクターをチェックしておくといいね!

超実写版ライオンキング_キャラクター相関図

キャラクター相関図 © 2019 Disney Enterprises, Inc.

シンバ (CV:ドナルド・グローヴァー 吹替版:賀来賢人)

幼少期:父ムファサのように勇敢な王になることを夢みる
青年期:王となる使命を見失い自分の道を模索中
サバンナを治める偉大な王ムファサを父に持ち、“未来の王”としての運命に生まれたライオン。
公式HP

アニメ版との違い

シンバの性格などはオリジナルのアニメ版と大きな違いはありませんでした。

亡き父 ムファサを心から尊敬し、自分も強く優しく在りたい。でも、自分は父のようにはなれない・・・
そんな風に悩みながら成長するシンバの姿は母性をくすぐります。(ぐすん)

ムファサ(吹替版:大和田伸也)

息子シンバを厳しくも優しく見守り、後継者として導く偉大な王
サバンナを治める偉大な王でシンバの父。(中略)威厳に満ちた王であると同時に、シンバの危機には自らの命を投げ出しても救おうとする愛情深い父親。
公式HP

アニメ版との違い

偉大なる王、ムファサは、オリジナル版よりも民を思う心・王である威厳を感じた気がします。

私が心を打たれたのは、シンバが言いつけを破ってハイエナに襲われそうになった出来事の後のシーン。

頭ごなしに怒らず、心底シンバを心配したこと、そして、息子を心から愛し、誇りに思っていることを丁寧に伝えていました。
子どもに接するときや、職場で部下に接するときなど、お手本にしたい。素晴らしい姿です。

べるる
べるる

実は吹き替え版の声を務めた大和田伸也さんは、オリジナル・アニメ版でもムファサ役を演じていました!

ナラ(CV:ビヨンセ 吹替版:門山葉子)

シンバこそ真の王だと信じる、美しく芯の強い幼馴染
シンバの幼なじみで大親友。(中略)若く美しいライオンに成長した彼女は、スカーの支配によって危機にある王国を救うべく、助けを求めて故郷を後にする。
公式HP

アニメ版との違い

ナラはオリジナルのアニメ版でも、芯の通った心の強い女性像として描かれていました。

字幕版ではビヨンセの声がそのイメージにぴったりマッチしていました。

スカー(吹き替え版:江口洋介)

この世は不公平だと憎み王位を狙う狡猾なムファサの弟(中略)王になれない自分の運命を恨み、(中略)王の座を狙う彼は、ライオンが統治するのを面白く思っていないハイエナたちと手を組んで策略をめぐらす。
公式HP

アニメ版との違い

アニメ版では黒いタテガミの色や目の傷がトレードマークでしたが、超実写版では体型などで他のキャラクターとの違いを表しているのが印象的でした。

実写版でも完璧なヴィランズぶりでした。

ティモン(吹替版:亜生(ミキ))

“今”を気ままに楽しむ、少し毒舌だが仲間思いのミーアキャット(中略)プンバァの相棒。行き倒れになっていた小さなシンバに遭遇したとき、ライオンを味方につければ恐いものなしになる、という思いから、プンバァと共にその命を助けたが、やがて大親友になる。
群れから仲間外れになった過去を持ち、「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」の精神で陽気に生きている。
公式HP

アニメ版との違い

オリジナルのアニメ版と同じく明るいツッコミ役。

超実写版だけのシーンで、美女と野獣「Be Our Guest」のパロディがあり、観客の大爆笑をさらっていました。

プンバァ(吹替版:佐藤二朗)

群れを追い出されても、自分らしく生きる陽気なイボイノシシ(中略)相棒のミーアキャット、ティモンと共に、「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」のモットーで心に傷を抱えたシンバを元気づけ、親友となる。
王になる運命のもとに生まれたライオンであることは知らぬまま、ライオンのシンバに守られ、助け合いながら、緑豊かなジャングルで、共に自由気ままな生活を送る。
公式HP

アニメ版との違い

オリジナルアニメ版との違いは・・・キャラクターがリアルすぎてプンバァの可愛らしさが減少している点くらいでしょうか(笑)

回想でプンバァのウリボー時代が一瞬出てくるのですが、それはとっても可愛かったです。


超実写版『ライオン・キング』のあらすじ

アニメ版も超実写版もストーリーは同じ。だけど・・・

今回の超実写版は、オリジナルのアニメ版と大きくストーリーを変えていません

昨今のアラジンなどの実写リメイク版では、時代の変化に合わせて実写版だけのオリジナルストーリーや要素を入れることが多かったですが、ライオン・キングは元々時代の先端を行っており、ストーリーに手を加える必要がなかったのかもとも言われます。

しかし、ラフィキが大人になったシンバの毛を見つけ、「シンバが生きてる!」と喜ぶシーンでは、美しい映像を駆使してかなり長めの尺を使って描写しており、とても印象的でした。

名曲はさらに進化!

いわずと知れた名曲「Can You Feel the Love Tonight

英語版のシンバとナラの声を担当した、
ドナルド・グローヴァービヨンセの美しいハーモニーが観衆の心を奪います。

Can You Feel the Love Tonight (From "The Lion King"/Audio Only)
ゆかべる
ゆかべる

何度でも聞きたくなる〜!

べるる
べるる

超実写版オリジナルの劇場歌『SPIRIT』も迫力があって聞き入っちゃったよ!

Beyoncé – SPIRIT (From Disney's "The Lion King" – Official Video)

超実写版『ライオン・キング』の評判は?

評論家の評価

映画好きや評論家の間では、今回の超実写版は賛否両論に分かれているようです。

その理由としては、

● オリジナル版と変わりのないストーリー
● リアリティを意識したため、キャラクターの表情に感情がない

など。

オリジナル・アニメ版ファンの感想

超実写版『ライオン・キング』では、キャラクターの表情の変化は確かに乏しいです。

しかし、オリジナルのストーリーとキャラクターの性格や〝想い〟を忠実に再現していて、
オリジナルファンの心の中にある『ライオン・キング像』を壊すことなく、よりリアルに近い世界を描いた作品だと感じました。

なんといっても映像の美しさは最高峰です。

これこそ、映画館で見るべき作品といえるのではないでしょうか。

超実写版『ライオン・キング』を映画館で見るべき理由まとめ

超実写版『ライオン・キング』は

● オリジナルを忠実に再現したストーリー
● 最新テクノロジーを駆使した現実と見間違えるほどの映像美
● 見るなら断然映画館の大きなスクリーンで!
べるる
べるる

今回紹介した内容以外にも、オリジナルと設定が変わっている点もあったよ!

ゆかべる
ゆかべる

自分の目で見て感じることで、より一層楽しめる作品です!



今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

少しでも「役にたった!」「いいね!」と思っていただけたら、
下の\シェアする/ボタンや、\はてブ/でシェアお願いします♪

べるる
べるる

このブログでは、実体験に基づいた海外ディズニーパークや東京ディズニーリゾートの情報、ディズニー関連のお役立ち情報などを更新しています。
ぜひまた遊びにきてください♪

ゆかべる
ゆかべる

質問や感想コメント、DMなども気軽に送ってください!

この記事を書いた人
ゆかべる

約10年彼氏なしから婚活を経て結婚1年目。結婚後もフルタイムで正社員として働くアラサー新妻。
プロポーズ、結婚式、新婚旅行など、すべてディズニーというディズニー好き。
フロリダのディズニーワールド(WDW)に、半月滞在した経験からWDW旅行記や、WDW旅行に役立つ情報・ディズニー関連の情報を発信中。
実家の愛犬は15歳のパピヨン♀

ゆかべるをフォローする♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました